ZSVNたい焼きプロジェクト


黄金色のたい焼きです。
黄金色のたい焼きです。

私たちは忘れません

ざま災害ボランティアネットワーク(ZSVN)は、温かな「たい焼き」を通じて、被災地でご苦労されている方に、被災しない「座間市民」の気持ちをお届けする活動を続けています。

2011年8月以降、座間市内のイベントで売り上げた資金を元手に被災地の方々へ「元気」と「笑顔」をお届けする活動に取り組んでいます。岩手県、宮城県、福島県の各地と、座間市内でのイベントを通じて約2万5千枚のタイ焼きを焼いています。

市内活動でお預かりした売上金は、経費を除き全額を、被災地での活動資金の一部に充てさせていただいています。


2018年10月のスケジュール


2018年9月のスケジュール

例年になく暑い日が続いています。

9月のたい焼きプロジェクトは、地元での活動は座間市社会福祉協議会主催の「ふるさと祭り」での活動です。

テーマは、「来て!」出会い!繋がる!福祉の心」です。

昨年は、残念なことに台風に襲われて中止になりました。今年はリベンジの意味を込めて、ZSVN会員総力をあげて取り組みます。

 日 時:2018年9月17日(月曜祝日)

 会 場:座間市役所ふれあい広場

 販売時間:太鼓が「どーーん」と鳴る概ね午前10時半ごろ~午後2時30分

 粒あん入りたい焼き、クリームたい焼き 共に 1個150円

 

 この売上金は、必要経費を除いた全額は、被災地の生活再建のためのコミュニテーつくりの「たい焼き」支援活動に使わさせていただきます。

今年度は、西日本豪雨水害被災地での活動の他、熊本地震、東日本復興地での応援活動も予定しています。よろしくご協力ください。

 

 日 時:2018年9月22日~24日まで

 会 場:岡山県倉敷市真備町

 被災者に笑顔と元気をお届けする「たい焼きプロジェクト」がスタートします。

 会場などの詳細は現在調整中です。

 

 被災者の方々へ温かなたい焼きをお届けしてきます。

 この活動資金は、座間市内でのたい焼き活動の売上金で運営しています。

 しっかりと皆様の御心を真備町の方々へお届けしてきます。

 併せて、市内で集まったタオルを詰め合わせた、タオルパックをお届けしてき

 ます。


2018年8月のスケジュール


おかげさまで無事に終了することができました。昨年よりもお客様が少し少なかった感じもしましたが、まずまずの成績でした。ご協力ありがとうございました。

    2017年8月の夏祭り風景
    2017年8月の夏祭り風景

今年も東建座間ハイツの夏祭りに出店させていただきます。

ご来場お待ちいたしております。

日時:2018年8月4日(土曜日)

場所:東建座間ハイツわんぱくグラウンド

 

たい焼き(粒あん入り) 150円

 

たくさんのご来場をお待ちいたしております。なお、座間ハイツでは7月29日 西日本豪雨水害被災地支援物資集めに協力いただき、タオル、土嚢などを多数提供してくださいました。

集められた物資は各種サイズの物資にリパックされ、愛媛県並びに岡山県の各市町の被災者の方に届ける作業を進めています。ご協力ありがとうございます。


2018年7月のスケジュール


おかげさまで盛況のうちに終える子とができました。売上金は必要な経費を除いた金額を「復興地支援活動」資金に使わさせていただきます。ご協力ありがとうございました。

今年も参加します。

7月21日(土曜日)16時頃から

ひばりが丘小学校校庭

 

たい焼き(粒あん入り) 1個 150円

 

ひばりが丘地域の自治会が連合して開催するこのお祭りもすっかり地域に定着し始めました。

 

 

今年も新しい自治会が参加するとの情報もあります。

今年度は、Tシャツの回収はしません。

もし、回収して処分先に困っている自治会や地区社協のみなさはご連絡ください。

 


2018年6月のスケジュール


かげさまで、好天にも恵まれて、盛況のうちに終わることができました。ありがとうございました。

 

毎年お世話になっている地域作業所「かざぐるま」のお祭りに今年も出店させていただきます。

 

日  時:2018年6月1日 10時30分から14時(予定)

会  場:かざぐるま ( 座間市緑ヶ丘1-11-19

価  格:たい焼き(餡子・クリーム) 1個 150円

(商品には卵、牛乳、小麦粉を使用しています)

  

この活動による売上金は、販売のための必要経費を除いた全ての金額は、ざま災害ボランティアネットワークたいやきPJによって管理され、災害被災地、復興地での被災された方々に「元気」と「笑顔」をお届けするための活動に使わさせていただいております。

 

この作業所とは、公社SL災害ボランティアネットワークの取り扱う「災害用炊き出し袋」の組み立て作業でZSVNとつながりがあります。毎年、約2千パックの「災害用炊き出し袋」を作って、関東圏の防災活動団体へ供給をしています。

 

《写真説明》

 炊き出し袋は、130度の高熱に耐える袋です。この中に付属のマニュアルに従って「米」を入れてゆで、規定時間蒸らすとおいしいご飯が炊けます。また、ホットケーキミックス溶いて袋に入れて茹でるとケーキができます。パスタ類もOKです。水が極端に制限される災害時には強い味方です。食器を洗う水もないことをイメージしてください。普通のビニール袋は鍋肌に付くと溶けてしまって貴重な食糧が無駄になります。購入については当団体へお問い合わせください。

 


2018年5月のスケジュール


無事に終了しました。初めて参加させていただきましたが、たくさんのご来店ありがとうございました。来年のオファーもいただけました。またお会いしましょう。

 

私たちざま災害ボランティアたい焼きプロジェクトは、初めて、座間市公民館祭りから出店のお誘いをいただき出店させていただきます。

 

日  時:2018年5月26日(土曜日) 10時から15時30分(販売時間)

会  場:座間市公民館 (座間市入谷1丁目3097)

価  格:たい焼き(餡子・クリーム) 1個 150円

(商品は、卵、小麦粉、牛乳を使用しております)

 

この活動による売上金は、販売のための必要経費を除いた全ての金額は、ざま災害ボランティアネットワークたいやきPJによって管理され、災害被災地、復興地での被災された方々に「元気」と「笑顔」をお届けするための活動に使わさせていただいております。

 


2018年4月のスケジュール(終了)


   2017年の桜まつりの写真です。
   2017年の桜まつりの写真です。

4月1日(日曜日)座間市「かにが沢公園桜まつり」にたい焼き出店します。

おおむね、9時ごろから2時半ごろまでの営業になります。

このイベントも、商店街の皆様のおかげで連続して参加させていただいています。

今年の桜は、例年よりも1週間ほど早いようですが、何とか桜が散り始めるころ、桜吹雪の中で焼いてみたいと思います。

日本の原風景のようなたい焼きを皆様に提供したいと思います。

餡子、クリームの2種類です。1個 150円でお願いしています。

去年から原材料が値上げり始めています。売上金は、経費を除いて被災地や復興地の仮設住宅で生活を続けている方や、復興住宅で一人ぼっちの方々に元気と笑顔をお届けする活動資金に使わせていただいています。よろしくご協力をお願いします。


2018年3月のスケジュール(終了)


  写真はチビッ子マラソンの出店活動です
  写真はチビッ子マラソンの出店活動です

3月3日(土曜日)「ちょっぴり先生まつり」のイベントに出店します。

 

毎年恒例の、座間市社会福祉協議会の「ちょっぴり先生まつり」

販売時間:9時30分から14時まで

販売品目:たい焼き(粒あん)

     たい焼き(クリーム)

値  段:1枚 150円

販売方法は、食券方式ですのであらかじめ食券売り場で「食券」を購入してください。

この売上金は、必要経費を除いた全額を、7年前の東日本大震災や2016年の熊本地震、2017年の九州北部水害被災地などへの支援活動費として使わさせていただきます。座間市民の被災地、復興地への応援の気持ちをざま災害ボランティアネットワークがかわっておとどけします。よろしくご協力ください。

 

3月の活動は3月31日(土)「かにが沢公園桜まつり」にも出店を予定しています。

詳細が決まりましたらお知らせいたします。

 

餡子、クリームがたっぷり入った「たい焼き」は日本人の心です。「元気」「笑顔」の元です。期待していてください。


2018年2月のスケジュール(終了)


2月は、連休の10日から13日までの間、昨年、九州北部を襲った豪雨によって多大な被害を受けられた朝倉市を中心とする仮設住宅やコミュニテー施設を訪問して「たい焼き」をお届けする計画でおります。神奈川から九州福岡県までとなりますと、機材を積んでの行動はかなりハードになりますが、座間市民のあたたかな気持ちを基にした資金を使って「元気」と「笑顔」をお届けします。

現在、「グリーンコープ」様が現地のコーディネートをしていただくことになっています。現地と、調整が整えば具体的な活動場所、日時が決まると思います。

昨年2月に続いての九州入りになります。ご期待ください。


2018年1月のスケジュール(終了)

1月14日 日産自動車ちびっ子マラソン大会会場で、あたたかなたい焼きの販売をさせていただきます。応援の合間、レースが終わったひとときを温かな「たい焼き」で身体と心を温めてください。

売上金は、必要な経費を除いて、災害でお困りの被災地の支援に使わせていただいています。今年も、また災害が起きるかもしれません。座間市民の心温まる資金を被災地支援に使わせていただきます。


2017年11月のスケジュール(終了)

       座間名物 黄金のたい焼き
       座間名物 黄金のたい焼き

2017年11月のスケジュールは下記の通りです。

 

★ 11月19日(日曜日)

  10時~15時(予定)

  座間市ふるさとまつり

  会場:座間市立座間中学校

  たい焼き:

  餡子・クリーム共に1枚 150円

 

売上金は必要経費を除いた全額を、東北地方および九州の災害被災地・復興地に「元気・笑顔」をお届けする「たい焼き」活動の資金として使わさせていただきます。多数のお買い上げをお待ちします。

 

《お願い》原材料(小麦粉・餡・卵など)などの値上げに耐えて活動をしてまいりましたが、今回の活動より「餡子」のたい焼きを1枚130円から150円に価格を改定させていただきます。ご理解、ご協力をお願いいたします。


2017年11月のスケジュール(8終了)

11月19日(日)座間市ふるさと祭りに出店します。

諸経費の値上がりに耐えて活動をして参りましたが、今回からの活動より、餡入りたい焼きを20円値上げさせていただくことになりました。クリーム入りたい焼きは、従来通りの価格150円で販売させていただきます。

このまま、価格の改定をしないで活動を続けますと、肝心の「復興地支援活動費」が少なくなってしまいます。ご理解をお願いします。

 


2017年10月のスケジュール(終了)

2017年10月のスケジュールは次の通りです。皆様揃ってお越しください。

 

 10月14日(土曜日)

  11時から

  アガペセンター祭り

 10月22日(日曜日)

  福島県大熊町支援活動

  大熊町ふるさと祭り

 10月22日(日曜日)

  東地区文化センター祭

  り

                              10時から

                              たい焼き(餡入り)13

                              0円、クリーム入り15

                              0円です。

 座間市の活動での売り上げは、必要経費を除いた資金は、冬に向かって大変な生活が続く「復興地」に元気をお届けする「たい焼き隊」の活動費とさせていただきます。

東日本震災、熊本地震及び大仙市の被災地では、まだまだお困りの方がたくさんいらっしゃいます。

私たちは、引き続き「たい焼き」を通じて「元気」と「笑顔」をお届けします。

皆様のご支援をお願いします。


2017年9月のスケジュール(中止)


9月の活動は座間市社会福祉協議会主催の「福祉まつり」への出店です。

9月18日(月曜日・祝日)

会場は 座間市役所ふれあい広場です。

 

たい焼きのおいしいシーズンになってきました。今年も、餡子たっぷり、トローリとろけるクリーム入りたい焼きで展開します。

餡子入りたい焼き 1個 130円

クリーム入りたい焼き 1個 150円

*クリームは数に限りがあります。品切れの節にはお許しください。

 

売上金は、経費を除いたすべての額を被災地での「たい焼き支援活動」の資金として使わさせていただきます。

今年も、多くの地域で大雨の出水で被災されています。

私たちも、時期を見て被災地の仮設住宅集会場などを巡回してたい焼きを通じて元気を差し上げる活動を行う予定です。皆様のご来場、お買い上げをお待ちしています。なお、会場では、秋田県大仙市の洪水被災地支援金の募金を行っております。皆様のご協力をお待ちいたします。


2017年8月の活動スケジュール(終了)

2017年8月の活動は、東建座間ハイツ

座間市入谷4丁目 スパー タイガ隣に出店させていただきます。

 

8月5日(土曜日)16時から

東建座間ハイツわんぱく広場

たい焼き(粒あん)1枚 130円

 

皆様お誘いでお越しください。


2017年7月の活動スケジュール(終了)

  2015年7月 虹の中のたい焼き
  2015年7月 虹の中のたい焼き

2017年7月の「たい焼きプロジェクト活動」はひばりが丘地区自治会合同夏祭り会場へ出店させていただきます。

 

日 時:7月22日(土曜日)16:00

会 場:ひばりが丘小学校校庭

    たい焼き(粒あん入)

    1枚 130円

 

 

《お願い》 

この活動は、東日本大震災「復興地仕事創出応援事業」の一環として洗濯済みのTシャツ(色物歓迎)5枚で「たい焼き引換券」1枚と交換します。

引換券を提示してくださった方には、「たい焼き」を差し上げます。

提供いただいたTシャツは、ざま災害ボランティアネットワークがお手伝いさせていただいております宮城県女川町にあります「夢ハウス」にお送りし素晴らしい「布草履」となって、復興地の大切な仕事となって循環してゆきます。復興地ではまだまだ支援が必要な場所があります。皆様方のご支援をお願いします。


2017年6月の活動スケジュール(終了)

無事に終了することができました。ご協力ありがとうございました。

 

恒例の「かざぐるま」のお祭りに「たい焼き」が参加します。

日 時:6月9日(金曜日)

   11時から13時30分まで

 

たい焼きの他、チラシ寿司、焼きそば、おでん、フランクフルト、コロッケ、ドックパン飲み物もあります。

黄金のたい焼き・・・1枚130円

数量限定です。残量が切れたらおしまいです。お早めに来店ください。お待ちしています。


2017年4月の活動スケジュール

今年も、桜が近づいてきました。

今年も、座間市かにが沢公園で「たい焼き」活動を行います。

天候が少し心配ですが、皆様のご来場をお待ちします。

なお、昨年の4月14日、16日に熊本県益城町を中心に震度7の揺れを記録する地震が起き大きな被害が出ました。

 

現在、報道は静まっておりますが、いまだに多くの方々が仮設住宅などで不自由な生活を余儀なくされています。この被災者の方々を応援するための「クマモン缶バッジ募金」を行います。

1口 300円以上で「クマモン缶バッジ」を差し上げます。よろしくご協力ください。

この缶バッジは、熊本県公認のバッジです。

 

《たい焼き》

日 時:4月1日(土曜日) 9時すぎ~15時30分

会 場:座間市かにが沢公園 桜まつり

たい焼き:粒あん入り  1個 130円

     クリーム入り 1個 150円

《本商品には、牛乳・卵が使われていますのでアレルギーの方はご注意ください》

使用しています写真は2016年4月の桜まつりの写真です。


2017年3月の活動スケジュール

おかげさまで活動は無事に終了できました。

東日本大震災6年の足跡をたどります。

6年前の8月のお盆の時でした。仲間と皆さん方のお住いの大槌町(吉里吉里)お隣の山田町へたい焼きの焼き台を持って入りました。

暑い日でした。何もなくなってしまった町の姿を見た時に声が出ませんでした。

それまで、宮城県の被災地での支援活動をさせていただいていましたが、比較的早く支援が入っていましたので岩手県の状況はTVでしか見たことがありませんでした。

一生懸命焼かせていただきました。ご仏前にあげるというお話をお聞きして、私たちの活動も少しはお役に立ったのかな・・・と思いました。あの時の方々が元気でしたらぜひお越しください。

岩手県山田町活動

3月19日(日)

 10:00~11:30 大浦漁村センター

 13:30~15:00 旧長野仮設住宅

焼きたてのタイ焼きを食べながらお茶こをしましょう。6年間の話をお聞かせください。

私たちも6年間様々なところでたい焼きを焼いて皆様と語り合ってきました。

そして、地元(神奈川県座間市)で災害の教訓となる皆さんからのメッセージを発信させていただいています。

もちろん無料です。あんこ入りとクリーム入りです。

お待ちしています。

 

★当時は岩手県は写真撮影が制限されていましたのでこのような写真しかありません。

記憶のある方はぜひお越しください。

会場で元気に手伝ってくれた小学生の皆さん会いたいね。

岩手県大槌町活動

3月20日(祝・月)

 10:00~14:00 吉里吉里公民館

焼きたてのたい焼きを食べながらお茶っこしましょう。6年間のお話をお聞かせください。

 

私たちは公民館の近くのローソンとガソリンスタンド跡の空き地をお借りしてたい焼きを焼いて皆様方にお配りさせていただきました。

8月14日でした。

たまたま、その日たい焼きを焼いていたら高台の流失しなかったお家から火が出て昼火事になったのを記憶しています。

消防機能も失われてしまったのか消防自動車が到着したのはかなりの時間が経ってからだったと思います。

3月11日の時のお話を伺って、泣きながら焼いていたのを思い出します。

つらかったです。でも元気になられた皆様にお会いしたいです。



2017年1月の活動スケジュール

皆様あけましておめでとうございます。

昨年は、ざま災害ボランティアネットワーク「たい焼きプロジェクト」の活動に対して、多大なるご支援を賜りありがとうございました。

おかげさまで、2016年も東北を中心とした復興地、被災地で「たい焼き」を通じて生活支援の活動を継続することができました。

 

今年3月には、東日本大震災から6年を迎えます。

今なお、故郷を離れて生活をされている方が13万740人(復興庁12/9付)おられます。また、昨年4月の熊本地震でも被災をされて仮設住宅・みなし仮設に入って生活されている方もおります。

 

私たちは、2017年もできる範囲で、この震災の復興地へ「たい焼き」活動を続けたいと願っています。

そのための、活動資金を引き続き、座間市内での「たい焼き」活動の売上金や、寄付金等の支援金を使わさせていただき行ってゆきたいと思っています。

昨年に引き続き、ご支援をお願いします。

 

2017年1月の活動は、

「チビッ子 マラソン大会」に出店させていただきます。

日 時:1月15日(日曜日) 

    販売時間 10時ごろから13時まで

会 場:日産自動車座間事業所3地区 

    粒あん(130円)・クリーム(150円)

併せて「熊本地震応援募金」活動

「クマモン缶バッジ」募金もお願いさせていただきます。

(300円以上)

 


2016年11月の活動スケジュール

11月20日座間市ふるさと祭りで活動をしました。


11月20日。前日の雨が嘘のように晴れ渡った座間中学校のグラウンドを会場に第31回ふるさと祭りが開催されました。

ざま災害ボランティアネットワークは復興地支援・被災地支援活動のための資金を確保するための「たい焼き」活動に参加させていただきました。ざま災害ボランティアネットワークメンバー延べ17名の方の協力をいただき約1100枚のたい焼き焼成・販売活動をしました。

会場の場所や、人の流れの影響、例年よりも開催日が遅くなり、紅葉見物の日取りなどとも重なったせいか、努力のかいが届かず前年よりも約3万円の売り上げ減となってしまいました。

 

 しかし、今年度は、4月の「平成28年熊本地震」の被災地支援募金に取り組みました。熊本県から認証番号をいただいた「クマモン缶バッジ」を1個300円以上でご協力をいただきました。おかげさまで、募金は約5万円集めることができました。

穏やかな、秋の日差しの中で、親子でふうふう言いながら「たい焼き」を食べる姿を見ると「ふるさと」のありがたさを感じました。

 

 私たちは、石巻支援活動には一段落しましたが、引き続き、全町避難をしています福島県大熊町、並びに宮城県女川町そして、熊本県への支援活動は継続させていただきます。

引き続き、市民の皆様方のご支援をお願いいたします。

メンバーの皆様、そして、横浜から駆けつけてくださった支援者の方に感謝申し上げます。

ありがとうございました。


2016年10月の活動スケジュール


10月15日(土)

★アガペ祭

時間:11:00~14:30

たい焼き (粒あん入り) 130円

ニュース

今年のアガぺ祭は、ハローインを楽しもうというテーマです。

そこで、ZSVNは協賛企画で「かぼちゃ餡」が入ったたい焼きを限定100枚(予約不可) 130円で提供します。

10月23日(日)

★東地区文化センター祭

時間:10:00~15:00

たい焼き(粒餡入り) 130円

      クリーム入り 150円

好評のクリーム入りのタイ焼きを提供させていただきます。

今年度は、Tシャツの交換は行いません。

10月29日(土)

★福島県いわき市 

  大熊町ふるさと祭

時間:10:00~15:00

たい焼き(粒あん入り) 100円

福島第一原発の事故でふるさとを追われて、いわき市、会津若松市へ避難して生活している方々へのお祭り支援も、5回目になります。私たちは、この問題が解決するまで活動を続けたいと思っています。

この活動に関する経費は、座間市民の方々の支援で行っています。