NOP法人 ざま災害ボランティアネットワークの設立目的


 「ざま災害ボランティアネットワーク」は、2006年7月(平成18年7月)、当時、市内で個々の地区で活動をしていた、自主防災会、自治会、マンションなどの防災活動者が、”かながわコミュニティカレッジ”の防災講座で出会った縁から始まりました。

 メンバーで様々な話をしました。その中から出た、今も続く、輪番制の「自主防災会」方式の活動では、活動自体に発展、継続性がないのではないか? 当番役員が1年交代で変わってしまうことは、地域へ「減災や災害対応のノウハウ」が蓄積できないのではないか?。このまま災害と向き合った時に、大きな二次被害が起きるのではないか・・・というような意見が出ました。

 

 これを避けるためには、現役中に直接、災害に関係ない職業卒業者でも、永年にわたり培った職業人としての経験を活用すれば、活動者はもっともっと増えるのではないか。

 災害に関して基礎から応用に至るまでの知識や技能を学んで、これらの人を活かせる組織を立ち上げ、「ボランティア活動者」として活動できる組織の設立が必要ではないかということになりました。

 

   その後、発起人メンバーはそれぞれに災害、気象、減災、災害史、地形などを学びあい結果、「SL災害ボランティア推進委員会」が開講している「災害救援ボランティア養成講座」を受講して体系的に知識を学ぶとともに座間市消防署をはじめ神奈川県や東京都の各種災害対策施設などを見学したり専門家の講演会、技能学習会などを通じて災害対応の技を学んで力を付けてきました。

 並行して座間市とも協議を重ねて2008年7月に任意団体として「ざま災害ボランティアネットワーク」としてスタートをしました。

 2011年3月11日の東日本対震災では、座間市自治会連合会や市内企業の方々、座間市民の力を合わせて、防災相互協定を締結している秋田県大仙市を経由し被災地への物資提供を行いました。

 

 また、座間市社会福祉協議会、座間市商工会などとも連携して、被災地へ出向き支援活動を続けてきました。この活動は、その後に起きた、熊本地震、北部九州水害、西日本豪雨水害、阿武隈川水害などの被災地への支援活動として継続をしています。

 

 私たちは、「災害救援ボランティア」です。

あくまでも自分の地域を守る人の集まりです。活動のコンセプトはシンプルです。

「出来ることを、できるときに、できるだけ」という活動方式を基本に、減災活動で、最も大事なこと

「死なない・ケガをしない・火事を出さない」

という行動を地域の人々に伝えて、万一、ふるさと「神奈川県央域」が被災地となったときには、日ごろのつながりの力で相互に助け合うことを目的として活動をしております。

  

 近いうちに発災が想定されている「都心南部直下地震」「南海トラフ巨大地震」さらには「富士山噴火」などに対して、座間市における被害を最小にとどめるべく活動を推進する取り組みを行っています。このコンセプトを広く関われる組織を目指して2021年8月にNPO法人となりました。

 

 近隣の各市町村の社会福祉協議会や、常日頃から関係を持って活動している団体や、企業の方々の持っている資源を最大限活用して災害対応作業に取り組む活動を通じて成長を目指したいと思います。

これからも、設立の理念を忘れずに活動を続けたいと思っています。