ざま災害ボランティアネットワーク被災地支援「タイ焼き隊」の黄金のタイ焼き

 

私たちは災害救援活動ボランティア団体です。

 

 私たちは、災害救援活動ボランティア団体です。

2006年頃、"神奈川コミュティーカレッジ"で出会った仲間が世の中の変化に気づき、このままでは災害から「いのち」を守ることができないという想いから始まった活動団体です。

 

 私たちは、自衛隊でもない、消防隊でもない警察でもありません。決して、大きなことはできません。

しかし、被災地で学んだ出来事・・・悲しみ、苦しみ、喜び、笑顔、繋がり・・・・様々な出来事から得た教訓をこれから被災地になると思われるこの地に移植して「災害に負けないまち」「共に助け合うまち」に変えられたらと考え活動を続けてきました。

 災害でない平時のいま、身の丈の範囲で「減災活動」「災害対応活動」の大切さを多くの住民の方々に理解してもらい個々の住民の方が学んだ「知識」を「行動」に移してもらえるようにと考えて活動に取り組んでいます。

 「市は私たちに何をしてくれるのか?」という問いを持つ方がおられます。

多くの被災地では、行政も被災者でした。職員も被災し計画通りに動ける数はわずかでした。

被災地になったら、市民の一人として、この「故郷」をどうやって守るかという考えで活動しましょう。 

 災害時には、わが身と家族の安全を確保したのちに、自分たちより大きな被害を受けた被災者の方を助ける活動を目指して、座間市、座間市社会福祉協議会、一社)座間市青年会議所などと連携して「災害救援ボランティアセンター」を開設して助け合いの輪を広げたいと訓練、研修をしています。

 

 平時には、災害を考える研修や体験型訓練を通じて私たちの「いのち」を守る行動訓練を通じて、災害時に被災する住民が一番少ない自治体にしたいと思っています。「学び」を行動化できなければその学びは何も役に立たないということです。「防災」という曖昧な言葉は通用しない時代になってきています。

求められるのは「減災行動」と「災害対応行動」です。行動化できない危機管理は、それ自体が「危機」だと考えます。

 

 活動の対象は、住民の方々(自治会・自主防災会・各種福祉団体など)、学校を始めとする教育機関(含む教職員)、市民団体、消費者団体、介護・障がい者施設、作業所などのほか自治体職員、社会福祉協議会、法人会などへ「市民目線の危機管理」の視点での講演・体験型講座・訓練などのお手伝いをすることに取り組んでいます。

座間市との永年にわたる協働事業の成果として生み出した、「生き残らなければ何も始まらない」という危機管理のキーワードを共有して活動しています。

 

  メンバーの主力は、「SL災害ボランティア推進委員会」が主催する「災害救援ボランティア養成講座」の修了者である「セーフティーリーダー(SL)」が中心となって活動をしています。座学だけではなく災害対応活動で役立つ具体的な実技を行い、地域で活動を行うことが特徴です。

活動するメンバーは、まさしく団体名にあるように「ボランティア」の仲間が「出来ることを」「出来るときに」「出来るだけ」の想いで取り組んでいます。

 

 また、被災地への支援活動にも取り組んでいます。被災地からのニーズ要請があった物資や募金活動とともに、被災後のコミュニティー再生にお役に立ちたいと「笑顔と元気」をお届けしようと「被災地応援タイ焼き隊」を出動させて焼き続ける活動に取り組んでいます。ぜひ、市内のイベントで私たちが「タイ焼き」を焼いていましたらお買い上げください。その資金が、被災地での活動の資金となっています。

 

 

 

 

〒252-0028

座間市入谷東2丁目8番2-914 

    TEL:080-4329-0221

   設立:2008年7月13日(任意団体)

     NPO移行:2021年9月1日                           

    Gmail: zama.saigaiVN@gmail.com 


セーフティーリーダー(SL)は、1995年の阪神淡路震災の時、これほどの「市民ボランティアの力」があったのかということに気づき、当時、内閣副官房長官をされていた、石原信雄氏の発案で被災地に寄り添う想いを「災害国日本」のレガシーとして残し、高めようと誕生した日本で最初の、民間の「災害救援活動のボランティア団体」です。

私たちは、この先人の想いを引き継いで、その後の各地の被災地で支援活動に汗を流しています。SLは資格ではありません

「被災者への想い」を後世の活動者へ伝えることが活動者の誇りです。 詳細はここをクリックしてください。