「書を捨てよ、街に出よう」

 

COMMU-CAFE LINKSは、「まち」に向けて開け放された交流スペースです。

この場所で、「災害を自分のこと」として考えて、平時からの備え、

発災時の瞬間、それぞれの人が「いのち」を守り、その後の「まち」の中で

力を合わせて生き抜いてゆくことが出来るための、災害の「学び」と「体験の場所」に

したいと考えて作られたスペースです。

淹れたての香り高いコーヒーを飲みながら

楽しみながら、災害に負けない「まちづくり」をしませんか?

認定NPO「きづき」が運営者となって作られたコミ・カフェです。LINKSという言葉には「つながる」という思いがあります。社会には様々な方が生活していますが、皆さんそれぞれ役割を持っています。その役割を果たせるために皆さん方の後押しをいただきたいと思っています。

「ざま災害ボランティアネットワーク」は、減災と災害対応について市内・県央地域で活動を続けてきました。このたび、ご縁があって「きづき」様とコラボレーションの機会をいただき、カフェの中に「本気防災・そなえ亭」を開店し、防災に関する様々なイベントを展開することになりました。




  COMMU-CAFE

LINKS

本気防災 そなえ亭


〒252-0000

座間市相武台2丁目43番地10号

 ヴィラハイツ相武台 126時

 定休日: 日曜・祝祭日

   電話:046-244-6130


私たちは、永年、災害を「我が家のこととして考える」習慣を普及することに取り組んできました。いつかは、座間市の「まち」の中に情報発信基地を作ろう模索してきました。

このたび「認定NPO きづき」様が、小田急線相武台前駅南口から徒歩5分 ヴィラハイツ相武台1階角に、COMMU・CAFELINKSをオープンする運びになりました。

この中に「本気防災 そなえ亭」のスペースをお借りすることが出来ました。この場所から、災害を「我が家のこととして考える」習慣を発信する取り組みます。

まだ、具体的なプランは半ばですが、メンバーと相談をしながら走り出したいと思います。 

いつでも、気軽に「災害のこと」の情報交換、セミナー、ワークショップなどを展開出来たらと思っています。



特別イベント


工事中