MENU:ワークショップ・セミナー・体験講座・講話など 


         第1回 座間市いっせい防災行動訓練(シェイクアウト訓練)市内やなせ幼稚園 
         第1回 座間市いっせい防災行動訓練(シェイクアウト訓練)市内やなせ幼稚園 

 ざま災害ボランティアネットワークは、地域、教育施設(幼稚園・学校・教員・PTA)自主防災会、自治会、地区社協、介護施設、障がい者施設、各種団体に対して様々な講話、セミナー、ワークショップ、実技訓練など通じて災害対応の普及啓発研修・訓練をしています。

10年間以上の地域活動や、学校防災教育などを通じ、さらに、被災地へ入って被災された方々への支援活動から得た様々なことを地域の危機管理力を高めるために伝える活動に取り組んできました。

それぞれの団体などからの、要請を受けて、十分な打ち合わせをさせていただき、団体ごとの要望に応えてカスタマイズした研修や実技訓練をお受けします。ぜひ、ご利用ください。


 

セミナー・ワークショップ

 


〇 災害イメージワークショップ

  災害 3:3:3 WS

〇 避難所運営ゲーム(HUG)

〇 災害図上ゲーム(DIG)

〇 どうしよう分かれ道

  (クロスロードゲーム)


 

講 演 会

 


〇 災害全般について

〇 減災について

〇 「いのち」を守る行動

〇 災害の後に

〇 身障者当事者向け講演

〇 身障者支援者向け講演

 


体験型

 減災・災害対応訓練

 


〇 災害の前に(減災活動)

〇 災害の後に(災害対応活動)

〇 消火・避難訓練(実際の火炎

  を使う)

〇 心肺蘇生・応急手当・搬送

〇 災害対応実技指導

〇 災害救援ボランティア・

   センター開設・運営訓練

〇 避難所開設・運営指導

〇 学校防災実技指導

〇 「出す・飲む・食う」の実技

  訓練

〇 まちなか防災Café(要支援

  者など)



災害をイメージするセミナー・ワークショップ


災害を考えるときに大切なことは、災害を「わがこと」として考えられるかということです。

災害には、いろいろな種類があります。どの災害でも大切なのは、いかに災害を「イメージ」できるかということです。

私たちは、「ワークショップ」という方法で、受講する方々が、自分でその災害からの被害などを考えて、グループで話し合って一つの災害に遭遇した時、様々な考え方があるということを知って、個人のそして地域の「災害タイムライン」を考えることを知ってもらいます。そして、その先に、我が家はどういう場所にあり、どんな被害があるか? だから何を揃えて、メンテナンスをしてゆかなければならないという確認をしてもらう動機づけをするというプログラムを行います。発災前➡発災➡災害後の行動を「我が家のこと」として落とし込み、理解だけでなく「行動」に移してもらえればということを狙っています。

受講生の感想は、今までの考え方では乗り越えられない。今度は、体験型の講座を受けたいという感想をいただいています。編成表とか組織図というアプローチでは「災害」を乗り越えることはできないと思います。

標準的には、90分+質問時間を入れて120分程度で1コースを学ぶことが出来ます。その他、地図を使って地域の危険個所・避難経路・使える資源を探す「DIG」や、私設避難所を運営するときの課題を考える「HUG」などの研修もお受けします。

会場の手配は、原則的に主催者にお願いしています。1グループ6から8名で4グループ程度が効果があります。費用は予算に応じてご相談に乗ります。なお、消耗品・機材損料などは別途申し受けます。


災害を考える講話・防災ちょっと小話



体験型 減災・災害対応訓練