災害の時の食事を「災害食」といいます。

災害が起きた時に、何よりも大事なことは特別なものを食べるのではなく「普段食べているもの」が食べることが一番大切なことなのです。

また、保存期間を守らないとロスが出ることは災害時に「ごみ」を出すことにつながります。

 確かに、災害食については、ここ数年各食品メーカーの努力によって格段の進歩がみられることも事実です。特に、食物アレルギーに対しても研究が進み心配なく食べることができるようになりました。

しかし、日本人やアジア系の方々にとっては「米飯」が一番体に合っているといわれています。

2020年初頭から、新型コロナウイルス(以下(COVID-19))が蔓延して非常事態宣言が発出して、生活にも大きな変化が出てきています。

従来は、避難所などでも炊き出しは、大きなサイズ(50人分)の「アルファー化米」をお湯または、水でもどして、フードパックに取り分けて配食するのが一般的でした。(COVID-19)により、大人数用の食物をしゃもじや箸、スプーンんで取り分けるとこは、感染リスクが高いということから、現在は小分けした、アルファー化米を配って、個々人が、お湯または水を入れて戻して食するいわゆる「個食」が推奨されています。

 アルファー化米とは、炊飯または蒸煮(じょうしゃ)などの加水加熱によって米の澱粉をアルファ化(糊化)させたのち、乾燥処理によってその糊化の状態を固定させた乾燥米飯のことです。加水加熱により糊化した米澱粉は、放熱とともに徐々に再ベータ化(老化)し食味が劣化するが、アルファ化米はこの老化が起こる前に何らかの方法で乾燥処理を施した米飯です。アルファ化米は熱湯や冷水を注入することで元の米飯へ復元し可食の状態となります。白米に、フリーズドライした「具材」を混ぜ合わすことによっていわゆる「焚き込みごはん」のような食味の米食が提供されます。

課題は、価格が高いことと、賞味期間の管理が必要なことです。

私たちは、そのような手数をかけないで「米飯」または「パスタ」、「蒸しケーキ」「副食類」が調理できれば、何も高価なものを備蓄しなくてもよいのではないかということで、災害食を「非常用炊き出し袋」というポリプロピレン製の袋を使って平時に普通に使っている食材で調理をして乗り切ろうという取り組みをしています。

非常用炊き出し袋は、PPで作られているために約130度の熱にも耐えることができます。当団体では、この袋20枚とマニュアル、輪ゴム25本をセットにして販売をしています。

この袋に、目印の線に従って米を入れて、コメの分量の1.2倍の水を入れて空気を抜いて、ボイルするだけで普段食べているご飯ができてしまうのです。

災害時には、水が大切です。水の代わりにジュースや、コーラ、お茶などでも焚くことができます。それぞれ独特な味があり変化を楽しむことができます。ボイルに用いる水は、お風呂の残り水で結構です。食器や鍋などを洗う必要もありません。ごみも最小に抑えるエコ炊飯です。

災害食を体験しよう

非常用炊き出し袋を使って「災害食」に挑戦するワークショップをします。